ジュビリーエースの利益

ジュビリーエースの利益

これから500兆円という非常に大きな市場規模で新たに展開されるJENCOですが、これまで展開されてきたジュビリーエースではどれくらいの利益が出ていたのかという所も気になるところだと思います。

実際に僕がジュビリーエースで生み出した利益に関して知っていただければ、今後展開されるJENCOに対しての期待もますます膨らんでいくのではないでしょうか。

配当を得る為に

ジュビリーエースでは1000ドルから出資して配当を得る事が出来るようになります。

登録料金などは必要ありませんが、最低出資金として1000ドルが必要となります。

これに関してはAIによるリスク回避などの要因もあるようです。

また、ジュビリーエースのシステムとして、月間38~42%の利益を出しているジュビリーエースのシステムですが、まずはジュビリーエース側も利益を出さなければ潰れてしまいますよね。

これは運営もオープンにしている内容で、ジュビリーエースでは参加者からお金を集め、その金額でシステムを運用し、その利益の一部を配当としてユーザーに還元するという仕組みをとっています。

その分配の中身も公開されており、ここではわかりやすく40%の利益として説明いたしますが、

利益40%の使い道は、まず本部の回収が8%。配当が15%。また、紹介料の報酬として残す分として12%。その他のプロモーション費用として5%で合計40%となります。

こういった仕組みにより、本部にも利益があり、ユーザーにも配当が渡る仕組みとなっています。

実際の配当

ジュビリーエースでは日毎報酬によって月3%の配当は約束されています。

そしてそれとは別に暗号通貨(仮想通貨)・スポーツ・コモディティに参加する3つのアービトラージのキャンペーンがあります。

それぞれの配当としては

暗号通貨キャンペーンの1回の配当は最大3%。約6日後に結果が出るので、月に約5回の参加が可能となっています。

1回の配当が3%として、月に5回参加する事で合計15%の利益を生み出す事が出来ます。

スポーツキャンペーンの場合にも1回の配当は最大3%であり、暗号通貨キャンペーンと同様に、約6日後に結果が出るので、月に約5回の参加が可能となっています。

こちらも同様に1回の配当3%を月に5回参加する事で15%の利益になります。

コモディティキャンペーンは1回の配当が最大5%となり、1日と15日の月に2回開催されます。

1回の配当が5%で月に2回の参加で配当は10%の利益となります。

このように、ジュビリーエースでは日毎報酬に加えてキャンペーンを利用する事で、非常に多くの利益を生み出す事が出来るようになります。

TOPページを見る